やっぱり朝と午後一は眠い

やっぱり朝と午後一は眠い

理系女が社会人になったらこんな感じ

ボーナスが出たからなんか買うことに対する罪悪感

サラリーマンの皆様、夏のボーナスでましたね!

この時期する世間話にも、大体「ボーナスなんに使う?」が入ってきますね。


私もボーナスで4K液晶テレビ買ってしまいました。あはは。

元々テレビ持ってなかったので欲しいなあと思っていまして(ディスプレイ+PS4+nasneで賄ってた)。まあ、ゼロからイチになるんだからそんなに良い物じゃなくていいかなぁと思ってたのですが、家電量販店で4Kの美しい画質に惚れてしまったのと、4Kは学生の頃にシーテックという展示会で見て(もしかしたら8Kだったかも)、この人間の網膜の解像度に近い…というか超えてんじゃね?という映像を見てから4Kに対するリスペクトみたいな信仰心みたいなものを感じておりましたために、気持ちが4Kから離れず、もうテレビ買うんなら4K!という思考に陥って買ってしまいました。(今調べたらシーテック2011で見たのは8Kだったっぽいが気にしない)

まあほんとは有機ELの4K欲しかったんだけど、さすがにボーナスが全ぶっ飛びしそうだったので、ここは液晶4Kの旧式で押さえ込みました。危ない…。


そんな今の感情はと言うと、4Kテレビに対するワクワク感と同時に、お金をガツンと使ってしまったことに対するソワソワ感を感じております。


というのは、昔読んだ本には、金持ちはコップからこぼれ落ちた水を飲んで生きるけど、貧乏人はコップの水を飲んでしまうと書いてあったことを思い出すから。良く言われる話ではありますが、念のため説明すると、お金は溢れてから使えという話です。特に4Kテレビなんていう贅沢品を買うのにコップの中の水を使ってはいけないのです。そんなことしてたらいつまでたっても貯まらないから。

学生時代はそもそもお金がなく、贅沢品は溢れたお金で買わなければならない理論でいくと、贅沢品を一切買えない気がして、食後のデザートに手を出すのも躊躇してしまう思考に陥ったこともあります。まあ、途中で贅沢品って高級車とかでっかいテレビとかそういうものを指すって気づいたんで、食後のデザートはストレス発散のために買うようにしました。


溢れてくる水っていうのは、家でゴロゴロしてれば入ってくるような不労所得のことだと思います。お金でお金が作られているような状態。その状態になって初めて、そのお金で贅沢品を買うようにするのが金持ちだということで…ええ。
私はボーナス入って(∩´∀`)∩ワーイってなってテレビ買いましたが。これはコップの水を確実に減らしたなぁと。


上記の理論で言えば、ボーナスで株とか買って、そこで得た利益でテレビを買わなければいけなかった。というわけで罪悪感を感じております。
まあ、そんなことを感じつつウキウキも感じております。もう使っちゃったし!考えてもしょうがないだろう。

今はまだ電気屋からテレビ届かないから待ってます。
早くこないかなー。

日曜日に夜更かししてしまう

友人がTwitterで日曜日に夜更かしするのをやめたいと反省していた。

それを見て私も夜更かしすんなぁと思ったので、なんでだろうかと夜更かししながらちょっと考えてみた。

 

結論から言うと、単純に現実逃避なんでしょう。

自分で出しておいて何のひねりもないもう古くから出ていそうなつまらない結論になってしもうたと思うのですが。

 

私も友人も、平日お仕事で土日休みなわけで。世間一般的にもそういう方が多数だと思いますが。だから日曜日に夜更かししちゃう。だって寝たら月曜日になっちゃうから。

月曜日になってまた一週間毎日仕事に行く覚悟ができなくて、ダラダラと夜更かししてしまう。何かやることがあるわけでもなく、ネットを徘徊したり、Twitterを眺めたり、テレビを見たり。それで0時とか1時とかになって、あーそろそろ寝ないと、というかいつもの平日より寝るの遅いよ、明日から仕事だから体力温存しなきゃなのにっ!と後悔してしまう。

だからきっと、仕事に行くのが楽しい人とか学校に行くのが楽しみな人は日曜日に夜更かしなんてしないんじゃないかな。

そんな人生になりたい。

 まああとは日曜日は昼寝とかするから夜あんまり眠くならないとかもあるんじゃないかな!

 

ちなみに日曜日の夜に月曜のことを思って憂鬱になるのをサザエさんシンドロームとか言うけど、私はサザエさんを見ても憂鬱にはならない。なんてったってサザエさん始まってからあと6時間もうだうだするからね!日曜日はこれからよ!って意識。まあそのあと後悔するから早めに憂鬱になっておいたほうが良いのかもしれないけどね。

 

つらいときは大体目標設定が高すぎるとき

就活シーズンが始まりまして、出張などで電車を利用すると
就活生(見た目で何故かすぐ分かる)をよく見かけますね。

私の研究室の後輩も頑張っているらしく、
会社の話を聞かせてくださいとたまに連絡が来ます。


そこでこの間、研究室に訪問して後輩の女の子とお話しました。

最初は会社の話と就活の話をペラペラ話してたのですが、途中で、
あの、全然関係ない相談なんですけど…
と以下のようなことを質問してきました。


あの…先輩は研究室ではどう過ごしていましたか?



……うん?何が聞きたいのかな?
実はこの子は来年就活生になる学部4年生で、
私とは研究室生活自体は被っていません。

私の研究室での過ごし方…なんだろう、たまに席でユーチューブを
見てたり教授宛の手土産をばくばく食べてたのが悪い噂にでもなっているのかしら…
それとも恋愛の話?先輩への愛想の振りまき方?


いやあの…先輩の代って優秀な方が多いじゃないですか…



あーーーーーー。
劣等感とどう付き合ってきたかという話ね!

nemuigogoichi.hatenablog.com



私が優秀じゃなくて劣等感抱いてたって何で知ってんだよって感じですがw

よくよく聞いてみると、彼女の同期はとても優秀な人材が揃っているらしく
そうとう劣等感を抱いているようでした。
既に卒論発表も終え、その劣等感を存分に味わった後だったみたいです。

院への進学は決めてしまったが、卒業できないかもしれないから
今のうちから就活をしているとのこと。


いや、まずこんな真面目でTOEICの点数も600点超えしてるし
学部生で学会にも出た優秀な子が卒業できないなんてことはない。
私でも卒業出来たし、もっとひどい状態で卒業している人もいる。

ともかくあなたは絶対卒業できるからそんな心配しなくて大丈夫だと
励ましたら泣いてしまった。そうとう気持ちがつらい日々だったに違いない。

そして、毎日がつらいときは大体目標設定が高すぎるという話をしてあげた。
私はそうやって乗り越えてきたと。


自分は結果も出てないどころか実験の数も少ないし死んだほうが良いと思えてつらいつらいつらいつらい……となっているとき。(大体進捗報告前か中間発表前)
「学部4年生でドクターや教授と同じように研究ができるほうがおかしい」
「それができる人は普通より優秀な人なんだ。私はできないけど普通だ」
「私には自分で研究を進めるのは難易度が高すぎるんだ。」
「とりあえず実験して実験結果を先生に見せて今後の予定を相談しよう」
そう思うようにすれば自然とつらさが引いて、少しずつでも前に進めるようになりました。

つらいつらいの渦中にいると、一歩も前に進めず涙ばかりが出るけど、
目標を下げると小股で一歩ずつでも前に進めるようになる。
目標を下げることは志が低いことじゃなくて、前に進むために必要なことなんです。


仕事でも日常生活でも「つらい」って思うときは大体
目標設定が高いとき。



ただ、目標を下げて生活していては、志が低くて人間的な成長ができないかも?
とは思う。
ある程度のストレスは人を成長させるのに必要だとも習った。
それは確かに正しいと思う。



でも、わかりやすく言い換えてみると、こうも言えるんじゃないか。


ダサい女に思われたくないから、服装やメイクに気を遣う。
そして経験は糧になり、段々と垢抜けた女性へと成長していく。
とても良いことだね♪

でも、もし周りの女性がモデル級の美しい人ばかりだとする。
自分もその人達に負けないように、ダサい女に思われたくないから、
服装やメイクに気を遣う。でもなかなかモデル級に美しい女性ほど
美しくなれない。つらい。つらい。

これは目標設定高すぎるんですよね。

大丈夫。モデル級に可愛くなる必要なくない?
街歩いてて後ろ指さされない程度の服装やメイクしてれば大丈夫でしょ。
って思えばつらくないし、それでもモデル級に美しい女性に囲まれてれば
メイクと服装ってこうすればいいんだみたいな勉強になってるから。
少なくとも外に出ずに毎日パジャマでゲームしてる人より美しくなってるから。

多分大学院で研究するってこんな感じ。
後輩の彼女が陥っている状況は「モデル級に美しい女性に囲まれている」状況なんだと思う。
一歩外に出てみると、全然可愛いのよあなた。もう十分なのよ。




つらくて何も出来ないとき、つらいと思う必要がないときは
目標設定を下げてみると良いと思う。

幸せがいくつあっても大きな不幸が1つあったら不幸だ

普段何の気なしに過ごせていて、
日常のちょっとした変化を楽しみながら生きている平和な今日このごろです。

1ヶ月前はつらさの渦の中にいたので、心が平和に過ごせるだけで幸せだと感じたりします。


あー…順調順調、うん、いい感じ、このまま行けそう、この調子で進もう
とか、一人のときは自分に言い聞かせて日々を過ごせてたんですが。


あるきっかけでズドンと落ちました。
勤務中にそれを見つけて、いきなり心がざわつき始める。

そうすると、とにかく「つらい」っていう状態になりました。

退勤時に、夜空の下で駐車場を歩いている時、
ついさっきまで平和だったのに、なんでこんなにつらいの。
ってふと疑問に感じました。



うーん…だって、明らかにおかしい。

勤務中に何を見つけたかって、
ただ1ヶ月前に失恋した相手のLINEのヘッダーが変わってただけなんですよ。

しかも他の女と写ってるとかじゃなくて、
ただ雪山から見た眺めの良い景色の写真で。

なんで、それだけで、こんな、つらいのよ…。



いや、なんでと言いつつちょっと分かってます。
なんでつらいのか。

私の脳みそでは、あのLINEのヘッダーを見ただけでこんな妄想が繰り広げられます。

これ雪山…ってことはスノボ行ったのかな。
誰と行ったんだろう。
友達と行ったのかな。何人で行ったんだろう。
大人数で行ったのかな。めっちゃ楽しんでるじゃん。
私と連絡しなくても楽しく生きていけるんだな。

ずーん


みたいな。笑

ちょっと書いててアホらしくなってきますけど、ほんとにこんな感じで落ち込む。


その数日前に、たまたま私の心のバイブル、幸せのホームページを眺めながら、
今自分が持っている幸せの数を数えてました。

そうすると10個以上ぱっとあがるんです。
仕事が楽しいとか、職場でかわいがってもらえてるとか、家族が全員健康だとか
満足行くお給料がもらえてるとか、広くて快適なお家に住めてるとか。
そんな感じだけども。
幸せじゃないですか。
あー私って幸せなんだなって思えてたのに。


なんというか、もう連絡すらとってない人がどう過ごしてるのかを
勝手に想像して、自分がいないところで楽しんでるって
思うだけで、こんな平和な日常が一気につらくなる。
割に合わないというか、冷静に考えると理解できないくらいアホっぽい。

多分、私はまだ彼のことを吹っ切れてないんだろうな

いくら仕事がうまくいってても、家族が仲良くても、仲の良い友達がいても、
そこがダメなら人生が不幸で、ふとしたときにそれを実感する。
彼が今の私の肝なんだってわかった瞬間でした。



自分が幸せと思えるものって人によって、仕事とか家庭とか趣味とか色々かもしれないけど、
やっぱり、ちゃんと自分の肝になるそれを掴まないといけないんだなと。
思いました。


でも肝は時間によって変わるとも思います。
今はまだ吹っ切れてないからなだけ。ずっとこれが続くわけじゃないとも思います。
てことで、明日も仕事をがんばろう。

心がつらいときの気持ちと過ごし方

1ヶ月程前、人生でも一二を争うほど心がつらくなりました。
生きる希望が見つからないってとこまで来たのは初めてだったので、人生で一番辛かったかもしれません。

つらくなった理由は、端的に言えば失恋です。
こう書くとすごく軽く感じるけど、実際も軽いことかもしれないけど、まあ、理由はどうであれ、本人がつらいと感じたのなら、それはつらいことなんだと言えると思います。人によってつらいと思う出来事は違うんで、理由はどうでもいいんです。多分。

ちなみに、人生で2番目に辛かったことは、大学4年生のとき卒論研究が思い通りに行かなくてメンタルをやられたときです。
そのときは研究をしたくない、ここから逃げたいと思うだけだったので、生きる希望はまだありました。研究から開放されさえすれば全然楽しく生きられると思ってたので。


とりあえず、辛いとどんな気持ちになるのか、辛いときどう乗り越えたか。ってのを書いてみようと思います。

直後

とりあえず今を生きるだけで精一杯だった。
相手に自分が否定された悲しさと、今までの自分の行動には問題があって、自分は普通じゃない人間で、今後も誰からも受け入れられることはない気しかしませんでした。

元々、いつか誰かと結ばれて家庭を持つことが幸せなことだという価値観だったので。今後自分にそういう未来は来ないと思えてくると、生きる希望が見いだせず、初めて死にたいと思えてきました。

こんな状況でまず困ったのが、ご飯が全然食べれないこと。お腹が空かない。二口くらい食べたらもうお腹いっぱいってなる。
食べないと元気にならないってわかってても無理なもんは無理です。

会社でのお昼は毎日同僚と食べていたけど、日常会話もままならなかったです。まず、笑顔が作れない。頭が麻痺してるみたいで、いい返答が思いつかないし、沈黙になってもなんの話題も思いつかない。

夜になると涙が出るし、朝起きるのもつらい。
家で一人でいるのもつらい。
ただただ、そこで生きてるのがつらかった。

そんなときの過ごし方

方針

まず方針としては、とにかく刺激に弱くなってるので、できるだけ何もせず、できるだけ刺激をうけずに過ごしてました。
テレビCMとかも商品のゴリ押しが下品に感じて吐き気がするし、バラエティでよくある芸能人のゲスい話も無理。吐き気。ツイッターの下ネタも無理。あれは自分が健康じゃないと受け止められないコンテンツなんだと初めてわかりました。
あと、とにかく意欲がわかないので、有意義なこと、意味のあることからも遠ざけたくなっていました。

水曜どうでしょうclassicを見る

上記の理由で、中でも見れたのが「水曜どうでしょうclassic」でした(KTV:神奈川テレビで放送してた)。あのゆるい感じ、なんの嫌味もない感じ、なんの意味もない感じ。ぼけーーっとみてても精神に負担がかからない上に、大泉洋のやりとりが面白くてプッと笑えてしまう。つらいつらいってなってても、笑うと少しだけ元気になれるのを感じました。

お笑い番組を見る

お笑い番組も見れました。
芸人と芸能人がワイワイやるバラエティじゃなくて、お笑いの人のネタを放送してるやつ。普段全然見ないのに、普通に面白くて笑えて。笑ってる間はつらいのから開放されました。

お笑いの人が良く、人を元気にしたいとか言ってたけど、こういうことだったんだって思いました。

仕事には行く

仕事中は気持ちがずどんと重いながらも、粛々と淡々と仕事をしていました。ただ、メンタル崩壊中は踏ん張りがきかないので無理はせず、効率も追い求めずにやるといった感じです。とりあえずひたすら目の前のやることをやってる間はなんとか時間を過ごせます。会社には自分の居場所と価値が少なからずあったので、死にたくならなかったです。

車の中で叫ぶ

通勤中の車の中では涙を流しながら運転したり、あーもう!!とかなんでだ!とか感情的な言葉を大声で叫んだり、なんか気持ちの思うままにしてました。スピードのある乗り物に乗ってると少し気持ちが晴れます。

親と過ごす

これは両親に相談ごとができる環境だったり、両親から理解があったりしたからできた可能性がありますが…。
一番辛いのが家に帰ったあとで。一人。いらないことをぐるぐる考えて。考えると辛くて。前向きな考えなんて一切出てこないので、とにかくつらい。
私の場合はたまたま条件が整ったので、一人暮らしの家に両親を召喚しました。そんで2週間位一緒に暮らしました。
一番いいのは、家帰ってから世間話する人がいること。これが一番。
あとは適度に励ましてくれる。オプションとして、自分がやらなくても家事が完璧にされている。
私の場合、親の支えはでかかった。親は必ず自分を肯定してくれるので、それも良かったと思います。

幸せのホームページを見る

これはほんの少し回復したときに見始めました。
親の次に助けられたホームページです。名前が怪しいけど宗教じゃないです。理論的に幸せについての解釈が載っています。理系の私も納得できる。すごい。ちょっと調子悪いときにも助けてくれます。

www.din.or.jp


とにかく涙が出るとき、時間を過ごすしかない、人生をこなすしかないときの手持ち無沙汰を解消してくれます。
とくに最近、どう?ってやつと、インナーチャイルドに語りかけてくれるやつはとても優しく自分と向き合えます。

最近、どう? 〜心の散歩

インナーチャイルドへのメッセージ






こんなかんじで過ごしていました。

どん底に辛いときは本当にいろいろ無理なんです。
それを認めて、どうにか時を過ごす、こなすことに集中するしかないです。
そうすれば時間が、ある程度、かなり強力に、じわじわと、あなたを癒やしてくれます。

そうすると自然とまた生きれるようになると思います。

無駄な時間を過ごす訓練

コタツ記事が云々という記事を見かけますが、
私はコタツどころかオフトゥン記事です。
すみません。


失恋したわけで気持ちが寂しくつらい日々なわけですが

つらいとき仕事は気が紛れる効果があるけど、無理ができないので後回しにできる仕事はできるだけ後回しにして最近毎日定時上がりです。

しかし家に帰っても1人なわけで、
何もしないとつらいので最近夕飯をちゃんと自炊するようになりました。

家事系は自分のペースで無理せずできる仕事なので、いい具合に気が紛れて良いです。
特に料理はクリエイティブな方の家事なので、達成感も得られ、自分に自信がつくことがわかりました。

つらさから立ち直ろうとしているあなたにおすすめです。
(まだどん底につらいときはそれすらできないので、何もせず心ができるだけつらくないように過ごすことにつとめましょう)


そして食事を取ると体力がついて健全な肉体が得られ、健全な精神が宿り始める気がしてます。



しかし、ご飯食べ終わるとまた暇です。
暇になるといらんことをぐるぐる考えてつらくなるので、最近手芸をやりたい願望が出てきました。


一応作りかけのワンピースがあるのですが、洋裁だと布を広げて合わせて…とかやらないといけなくて、大掛かりだしこたつから出なきゃ作業できないしやる気が起きません。寒い。

できればコタツに入りながらちまちまやりたい。


そこで羊毛フェルトに注目しました。
羊毛フェルトは羊毛?を針で刺してマスコットなどが作れるやつです。
うん。これならコタツでできそうだな。


編み物とか洋裁と違って、出来上がったものが実用的なものじゃない手芸って久しぶり。

多分なんの役にも立たないと思うけど、
心の回復期にはちょうどいいんじゃないかな。

辛い思い出は時間が癒してくれると信じて


nemuigogoichi.hatenablog.com

(独り言)失恋した傷を癒やしてるところです

一時はとても幸せで

自分は世界一幸せなんじゃないかと思えて

幸せ過ぎて早死するんじゃないか不安になるくらい幸せな日々を過ごしてた


でも、恋愛って簡単じゃなくて、
私が良いって思ってても、向こうが良いって思えないことはあることを知った


急に話しかけた返事の口数が少なくなって

明らかに今までと様子が違って


まだ全然恋の始まりで
始まったばかりというより
これから始まりそうというくらいだった

お互いにお互いを見定めようとして

確かに違和感があることはあった
お互いが生きてきた境遇が違うことから、話が合わないことも、無理に合わせてるところも、思ったことを口に出せずに飲み込んだこともあった

でも私はそれはいつかなくせると希望を持って接してた
むしろ私にとってその違いは新鮮なものだった


きっと向こうはそう思えなかったんだろう
元々無理はしない生き方を選んできたみたいだし


ああ、もっとあなたを知りたかった



私は焦って先を急ぎすぎたのだろうか
恋人という関係にしたいと早く行き過ぎたのだろうかとか
自分のした行動の正誤をぐるぐるねちねち考えてしまう


あなたからの連絡が必要最低限しか返ってこないとき
否応なしに自分との関係を築く気がないと気付かされる

それは本当に悲しくて
つらくて
寂しくて
とにかく泣きたい気持ちになった

返事を期待して連絡しても
こなすような返事が返ってくれば傷つく

希望を失望に変える

それがつらくてつらくて、
恐怖心に変わって
彼を見ないようにする

そうすると心が安定してくる


ただそこには希望はない



慢性的なつらさ
朝起きると感じる失望感

ああ、また希望のない朝が来た


幸せだった日々を思い出すことも多い
その思い出は本当に幸せで、思い出している間は幸福感が得られる


そうすると、また期待してしまう
あの時の優しかった彼がまだいるんじゃないかと
私のことを毎日気にかけてくれた彼がいるんじゃないかと

そうすると連絡したい衝動にかられる
彼に連絡するための文言を毎日想像する


話したい話題、話せそうな話題を見つけたときはやばい
ラインのトーク画面を開くとこまではきてしまうけど

一応踏みとどまる

返事が来ないトーク履歴が見えるから。



そして、時間によって少し癒えてきた傷を開いてしまう悲劇が起こらずに済んだと胸を撫で下ろす夜

今日も連絡せずに済んだ。よかった。


大雪なんて降ったら雪国にいる彼に連絡したくなるじゃないかやめてくれよ。




nemuigogoichi.hatenablog.com